スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :

    貧血と抜け毛② 病院との相性・芸能人に学ぶ

    今通っている皮膚科のHPには、AGA(男性型脱毛症)や円形脱毛症の治療もしていると書いてあるのですが、
    初診で先生を見たときに、「オデコがきとるやないか…」と少々不安になりました。(なんと失礼な)
    でもとても熱心に話を聞いてくれる先生で、それだけで何割増しかで良くなりそうな気がします。
    治療そのものも大事ですが、先生との相性次第で精神的な不安も増えたり減ったりするはず。
    発毛治療専門のクリニックもあるのですが、検索でヒットしやすくHPは立派なのに、
    医師の経歴がよく分からなかったり、治療費が高額でローンの案内があったりする場合もあります。
    藁にもすがりたい状況なので、よく考えずに決めてしまいそうになるのですが、
    まずは早めに皮膚科で診てもらうのが一番だと思います。

    ずっと以前に、五月みどりが
    「昔は白髪が生えてきたら抜いてたけど、歳とともに薄くなると、あの時抜くべきじゃなかったと思う」と言っていて、
    聞いた当時はふーんと思っただけなのですが、今となっては心に染み入ります。
    先人の言う事は素直に聞いて取り入れるに限ります。

    何となく観ていたテレビ番組で、鳥居みゆきが寝る時にタオルでほっかむりをしているのを見て、これだ!と思い真似しました。
    暖かいし、寝ている間に抜けた毛が一気に掃除できます。
    が、これはのちに自作帽子にかわりました。(朝起きたらほっかむりが取れているので)

    もうちょっとつづく。
    2016-02-26 : いろいろ : コメント : 0 :
    コメントの投稿
    非公開コメント

    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。