スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :

    最近のはまりもの

    最近狂ったようにビスコッティばかり焼いています。
    食わず嫌いで自ら手を伸ばすことはなかったのですが、ある時頂きものを食べたらそのおいしさに開眼!(大袈裟)
    クッキー作りは簡単そうに見えて実は奥が深いと思っているのですが、
    クッキーの材料とほぼ同じビスコッティに限っては適当に作っても確実においしいものが出来るのが不思議なところです。
    ビスコッティは「二度焼いた」という意味らしく、なまこ型に焼いた後で薄くスライスし、もう一度裏表を低温で焼いて乾かします。
    砂糖控えめ&アーモンドを目いっぱい入れた硬めのものが一番好きなのですが、
    硬くするために水分を少なくすると生地をまとめにくく、なまこ型に整えるだけでも時間がかかります。
    スライスする時もボロボロになるし。
    サクッと軽いのも食べてみたくて、卵を良く泡立ててから作るレシピにも挑戦しましたが、
    水分が少ないと結局なまこ型に成形する時に泡を潰してしまうので、泡立てる手間がかかるだけであまり意味をなさず…
    でもどちらもおいしく出来上がるのですが。

    友達に話したら、その子もたまたまビスコッティ作りにはまっていたので盛り上がって、
    情報交換しながら焼いて食べてを繰り返していたところ、ガスオーブンなのでガス代が大変なことに…
    そして美容室で鏡に映った自分の顔を見てびっくり(普段じっくり見ること無いから)、
    二重あごでまさかのビスコッティ太り!!!
    …三日とあけず焼いていたのですが、しばらく控えます。



    軽量カップで簡単に作れる軽い食感のビスコッティレシピ(しかし最終形ではない)

    <材料>
    卵2個
    グラニュー糖1/3カップ弱
    好みでバニラエッセンス少々


    薄力粉2カップ
    ベーキングパウダー小さじ1


    好きなナッツ類やチョコチップ沢山

    <作り方>
    をよく混ぜ、を入れてさっくり混ぜ、も入れたら軽く混ぜ合わせる。
    厚さ2cm位のなまこ型2本に整え、170℃に予熱したオーブンで20分位焼く。
    粗熱が取れたら真上から包丁で1cm位の厚さに切り、160℃のオーブンで裏表を各10分ずつ焼き、
    電源を切って庫内にそのまま放置して冷ます。

    裏表を良く焼くとカリカリ度が増します。が、焦げやすいので注意。

    150313.jpg

    2015-03-13 : たべもの : コメント : 0 :
    コメントの投稿
    非公開コメント

    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。