スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :

    缶詰

    三年前京都の宮津に行った時に買ったオイルサーディンの缶詰を、先日やっと開けて食べました。
    アマゾンに同じパッケージのものがありました↓天橋立バージョン

    竹中缶詰 オイルサーディン(青缶105g)×10缶竹中缶詰 オイルサーディン(青缶105g)×10缶
    ()
    竹中缶詰

    商品詳細を見る


    元々オイルサーディンとかアンチョビとかが好きじゃなくて、
    お土産ついでに買って賞味期限が過ぎてもそのまま放置していたくらいなのですが、
    ブロッコリーと一緒に炒めて、ちょこっと醤油をたらしたら絶品!
    いわしってこんなにおいしいのか~と感激しました。

    その時たまたま図書館で借りていた本に、この缶詰の事が載っていました。
    「缶詰の賞味期限は三年と定められているけど、日が経った方が間違いなく味がいい」と書かれていて安心しました。(というより放置していた罪悪感が消えた)

    世のなか食のなか世のなか食のなか
    (2013/02)
    瀬戸山 玄

    商品詳細を見る


    工場内では衛生管理を徹底させつつ作業を素手で行うそうで、今の時期なんか日本海側の京都は寒いだろうなぁと。
    これだけ丁寧に作られていたら、少々値段が高くても納得できます。
    大きな酒屋さんやスーパーで違うパッケージの物が売られているのを目にするので、また買ってみたいと思いました。

    普段全然更新しないのに二日連続って新鮮(自分で言う)
    積雪で外に出られない&別の部屋は寒くて移動出来ないので、一日中ストーブにくっついているからです。
    耐性が無いので、雪国で暮らせる気がしません。
    朝起きたら寝室の温度が3度でした…
    2014-12-18 : たべもの : コメント : 0 :
    コメントの投稿
    非公開コメント

    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。