スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :

    papyrusのエッセイ


    papyrus (パピルス) 2014年 12月号 [雑誌]papyrus (パピルス) 2014年 12月号 [雑誌]
    (2014/10/28)
    不明

    商品詳細を見る


    少し前にこじらせまして…俳優の大東駿○に夢中になり、写真集まで買いました。
    (しかしひと月半くらいで冷めた)
    雑誌にエッセイを連載していると知り、バックナンバーまで取り寄せて読んでいたのですが、
    そこに載っていたブラマヨ吉田のエッセイ「紺色のカラス」が面白くて、今ではすっかりそちらの連載のとりこに。
    以前読んだエッセイ本、ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ (幻冬舎よしもと文庫)は卑屈なところが笑えたのですが、
    papyrusのエッセイはちょっと趣が違います。
    お祖母さんが自分の名前を間違えたことを根に持って顔を見せなくなった話には、思わずほろり…
    いつもモテたいとか愛されたいと言ってる(まぁネタかもしれん)けど、本人が一番愛を抱えて持て余してるって感じでしょうか。
    次回の連載も楽しみです。本にしてくれたらいいんだけど。
    2014-12-04 : 本・映画 : コメント : 0 :
    コメントの投稿
    非公開コメント

    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。