スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :

    三つ巻押さえ練習

    ひとつ前の記事でストールを作ったと書きましたが、出来上がってみるとどうも端(フリンジじゃない方)の処理が気になる。
    細く三つ折りにしてアイロンで押さえてからミシン縫いしたのですが、
    リネンガーゼという少々ホワッとした生地なので、きっちり三つ折りに出来ないぶん、仕上がりがきれいさに欠けるというか。

    そこで以前、うまく使えなくてお蔵入りしていた「三つ巻押さえ」という押さえ金具を引っ張り出してきました。
    これを使うと、市販のハンカチの周囲のような細ーい三つ折り状態に縫えます。

    まずは綿生地で練習。ハンカチを作りました。
    いろんなやり方があったのですが、こちらのHPがとても分かりやすかったので、この方法で。
    (何年も更新されてないようなので、連絡なしでリンクさせて頂きました。)

    角を三角形に切り取り、そこから数センチを細く三つ折りにしてクセをつけます。
    これを四隅に施します。

    140409-5.jpg

    三つ折り部分を普通に上から押さえ、数センチ縫いすすめたのち、
    布端を持ち上げるようにして
    ①押さえの左上にのせて縫い進めると、
    ②勝手に布が押さえの真ん中に巻き込まれて三つ巻になります。

    140409-6.jpg

    一番下まで縫えたら、針を降ろしたまま布を90度回転させ、
    最初と同じように三つ折り部分を上から押さえ…の繰り返し。
    角にちゃんと針を落とすのがなんとなく面倒臭かったら、一辺ずつ縫っても良いと思います。

    これでお気に入りの布を使ってハンカチが縫えます!

    しかし慣れるまでは練習あるのみで、巻き込む布の幅がちょっとでも広すぎると屏風畳み状になり、余った布がはみ出したりします。
    こんなふうに。
    140409-2.jpg

    で、縫いなおしたストールの端はこちら。
    140409-1.jpg
    以前より縫い代がすっきり細くなって満足です。
    2014-04-08 : 洋裁など : コメント : 0 :
    コメントの投稿
    非公開コメント

    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。