FC2ブログ

    湯治 つづき

    別府から移動して、中津にある「汐湯」に行きました。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    レトロ銭湯へようこそ西日本版 [ 松本康治 ]
    価格:1728円(税込、送料無料) (2018/9/5時点)



    ↑この本に載っていて、いつか行ってみたいと思ってチェックしていた銭湯です。

    雨&昼間&地域のお祭りと重なっていたのでラッキーな事に貸切状態でした。
    180905-1.jpg

    広々
    180905-2.jpg

    脱衣所にあった古い広告。味のある絵!
    180905-3.jpg

    浴槽が二つあって、一つは井戸水(らしい)。タイル絵がかわいい。
    180905-5.jpg

    もう一つは沸かした海水。これが汐湯たる所以か。
    180905-6.jpg

    入浴後、男湯の横を通って階段を上がると、土手に面した涼み台があります。
    風が通って気持ちいい~
    180905-4.jpg

    古い銭湯がどんどん廃業していく中、なかなか貴重な経験が出来た気がします。

    もう一か所、別府温泉保養ランドにも行きました。
    泥湯が有名で、テレビなどでもよく見かけていて一度でいいから行ってみたいとかねてから思っていたのですが…
    全てがワイルドすぎて笑いが出るような他に無い感じの温泉でした。
    家に帰ってからクチコミを見たら更に面白くて(興味のある方調べてみて~)、先に見てから行けば面白さが増したかも。
    いや、あるいは行かなかったかも(笑)
    建物の雰囲気は昭和30年代、露天は混浴、底に溜まった泥をすくうと何かが手にからまる(怖くて見られなかった)。
    迷路のようでとまどっていたら声を掛けてくれた人がいて、露天に出る際の注意事項などを色々レクチャーしてくれました。
    お湯自体は良くて、肌がつるつるになった気がしました。

    大分の温泉地では、至る所から吹き出ている温泉の噴気のパワーに圧倒されっぱなしでした。
    ですが真夏で暑すぎていまいち堪能できなかったので、次は冬に訪れてみたいものです。
    2018-09-05 : その他旅行 : コメント : 0 :
    ホーム

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索