FC2ブログ

    やさぐれ記念館

    トヨタテクノミュージアム産業技術記念館に行ってきました。
    トヨタグループの始まりは自動織機からなんですね。広ーーい展示室に歴代の織機が並んでいて、実演もあります。
    撚った糸を綿の塊の上にちょいと置いて引っ張ると、あっという間に糸と綿が一本に繋がるという、理屈では分かっていても実際目の前で見るとまるで手品です。
    でもこれはもちろん原始的で、時代が進むにつれて技術がどんどん上がっていき、最近は水圧で横糸を通すらしいです。(水をはじく化学繊維のみ)
    普段何気なく見ている布がこんな風に作られているのかとかなり勉強になりました。
    ガチャンガチャンと大音量で動く昔の機械を見ていると、『あゝ野麦峠』を思い出して辛くなったりも。
    繊維機械館と自動車館に分かれているのですが、どちらを見ても先人たちの努力の凄さに圧倒されて、自分は日々一体何をしてるんだと暗い気分になります・・・
    見終わった後に、「独り勝ちしてどんだけ儲けたら気が済むんだよって思ったこともあったけどもう何も言いませんごめんなさい」って気持ちになりました。
    この世に私みたいな人間しかいなかったら、いつまで経っても進化しないままだろうな~といつも思います。
    2009-09-29 : いろいろ : コメント : 0 :

    連休が終わった

    円頓寺
    シルバーウィークでしたね。遠出することなく一人でブラブラしていたので、5日間は長かった・・・
    暇な時こそ喫茶店でまったり、といきたいところですが、気軽に入れる所は大体どこも地元密着型ゆえ
    ①常時混んでいる ②井戸端会議の声がうるさい ③タバコの煙がすごい
    の三重苦なのです。
    そこで円頓寺商店街の東、五条橋のたもとにあるブルーデルヤマトに行ってみました。
    休日の夕方、寂しい商店街には人の影もまばら。
    当たりでした。貸切り状態でのんびり~~
    入り口でおいしいドイツパンが売られているのでお客さんはひっきりなしですが、みんな喫茶コーナーにまでは入って来ません。
    ただひとつ難点は、うちから自転車で片道55分もかかるのです。遠すぎ。

    あとはSCでお笑いライブがあると聞いて、買い物のついでを装って見に行ったり。
    若井某のガンダムネタは、元ネタが分からないのでほとんど理解できなくて残念でした。予習が必要な笑いも有りますね。
    写真↓の赤Tは、何だか懐かしいですよ。ですよ。
    ですよ。ですよ!

    他には、和菓子屋のおばあさんにおはぎの種類を間違って入れられて、家に帰って包みを開けて、「あれ~?」となったり。
    6年後のシルバーウィークには何をしてるんでしょうか。
    2009-09-24 : いろいろ : コメント : 0 :

    チュニックのはずが。

    割烹着 割烹着模様

    パターン 「ミセスのスタイルブック 2008 盛夏号 チュニックブラウス」を改造

    ダイワボウか日清紡か忘れたのですが、確か「ぼう」のつく会社のもので、ソフト加工をした滑らかな手触りの生地です。
    ラグラン袖が好きなので、自分に似合わないと分かっておりつつチュニックを縫いました。
    出来上がったら想像以上に似合わなかったけど、せっかく作ったし~、と、これを着て自転車で出掛けてみたら。
    暑い!暑すぎる!通気性が無いよ~~~
    斜め掛けしたバッグのストラップが当たる肩のへんも汗でぐっしょり。
    壁紙っぽい模様だと思ったけど、まさかほんとに!?
    今後はウィリアムモリス風の割烹着として活躍してもらうつもりです。

    出掛けた先は美術館だったのですが、このチラシのつくりを見て想像が膨らみ過ぎたぶん、実際は「あれー?」って感じでした。
    前期と後期で展示物が入れ替わるのでチケット二枚買ったんだけどな~。
    まぁ、汗ダラダラを気にしながら見たのも良くなかったのでしょう。
    2009-09-18 : 洋裁など : コメント : 2 :

    いやな終わり方

    近所に開いているのかどうか分からないような古い耳鼻科があって、気になったので検索してみたら、意外にもHPがあった。
    「あなたの街のホームドクターになりたい」と微笑む爺さん先生。
    丁度アレルギーが出ていたので、診察してもらうことにした。実物の爺さん先生に笑顔は全く無い。
    先生も助手も仕事に超・慣れ過ぎで、診察結果の説明も特になく、流れ(るように)作業が続く。
    ちゃんと診てるのか?と思った次の瞬間、喉の薬を私の閉じた口に向かってスプレーしやがった!
    誰からもなーんのフォローも無かった。

    この前久々にその病院の前を通ったら、潰れてた。(しんだとおもう)
    2009-09-16 : いろいろ : コメント : 6 :

    ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房ゲゲゲの女房
    (2008/03/07)
    武良布枝

    商品詳細を見る

    著者は、漫画家水木しげるの奥さんです。
    水木さん本人が書いた半生記などを読んで、「こんな調子じゃ奥さんはかなり鈍感な人じゃないとやっていけないな~」と漠然と思っていたのですが、実際は夫をたて夫唱婦随で辛い時期も乗り切ってきた、しっかり者且つ“普通の”人でした。
    お見合いから5日後に結婚式、そのまま島根から東京に移り、極貧新婚生活が始まります。
    どんなに生活が苦しくても自分の実家や兄弟を第一に考え、自分達の生活は後回しにする夫。
    今の時代(というか私?)だったらブチ切れでしょう。
    でも奥さんは逃避することなく、夫の努力が報われる事を祈ってひたすらついていくのです。
    「この人は私がいないとダメ」「私のおかげもあってここまで来れた」という驕りが一切無いのが、とても読み易い文章の間からしっかり滲みでています。
    来年、NHKの連ドラになるとか。いい話なので期待できそうです。(見ないけど)
    2009-09-15 : 本・映画 : コメント : 0 :

    豊橋へ

    吉田城

    写真は、名古屋から電車で1時間くらいのところにある、豊橋公園の吉田城内からみた風景。
    「好きな○○は?」と聞かれたら、○が何であっても即答できない優柔不断というか信念の無い性格の私ですが、好きな場所に限っては『城跡+川』と答えられそうです。
    豊橋には今年二度行ったのですが、またどうしても行きたくなり、早起きして電車でぶらり旅です。
    旅と言っても、ケーキ屋のマッターホーンでモーニング(朝11時までは飲み物代だけでケーキがついてくる)を食べ、近くのラ・ムワソンでパンを買って豊橋公園に行き川沿いの遊歩道でボーッとして、三愛でホットケーキを食べて帰るという、ただそれだけ。でもそれが異様に楽しいんです。
    城跡では「格子戸を~くぐり抜け~♪」と、小柳ルミ子の『わたしの城下町』が頭の中をぐ~るぐる。
    古すぎて皆様ご存知ないでしょうか(^_^;)
    家に戻ってから、豊橋駅近くの賃貸物件まで探してしまいました。妄想はタダだもんね。

    もう一箇所の好きな『城跡+川』は、愛媛の大洲城+肱川です。
    もう何年も行ってないけど、入場料が要るような立派な城が復元されたみたいです。個人的には城跡だけでも十分だったのになぁ。
    2009-09-14 : その他旅行 : コメント : 0 :

    ムートンが!

    ムートンの敷物が家庭で水洗い出来ると知り、やってみました。
    革部分を洗っても大丈夫なの?と思ったけど、犬のシャンプーと同じことかと。
    使用した洗剤はハイベック
    浴槽に水をためムートンを足でグチャグチャ踏んでいたら、ねとねとになった野良が擦り寄ってきたかのような物凄いケモノ臭が!
    毛は抜けるし、元は動物だったということを改めて実感しました。

    ムートン 日光浴中
    2009-09-08 : いろいろ : コメント : 0 :

    バターの勝ち

    いがらしろみの カップケーキ レシピ~デコレーションを楽しむ、味わう~いがらしろみの カップケーキ レシピ~デコレーションを楽しむ、味わう~
    (2008/10/22)
    いがらし ろみ

    商品詳細を見る


    表紙に「バターなしでもしっとりふわふわ」と書いてあったので、カロリー控えめのレシピなのかと思って図書館で借りてみました。
    ところがどっこい、バターの代わりに脂肪分40%以上の生クリームを入れるのでした。
    でもまぁ生クリーム大好きだし、と思ってレシピ通りに作って食べてみたら、ん???
    たしかにしっとりふわふわなんだけど、風味が無いんです。

    マフィン

    『デコレーションを楽しむ』とあるように、上にアイシングをのせたりジャム(この方の場合コンフィチュールか)を入れたりするの適したなレシピなんでしょう。
    でもカロリーのことを考えたら、とてもじゃないけど出来ません・・・
    立派な体型の料理研究家のレシピは自然と避けてしまう今日この頃です。
    がしかし、昔行っていた料理教室のイタリアン担当の先生が、自分の突き出たお腹をさすりながら、
    「店の厨房ででパスタの茹で具合を確認するのに一回1g食べたとして、それが一日100回なら100g、それを毎日続けたらこんなになりました。」
    と言っていたのを思い出し、プロの料理人は太っていてナンボなのかも、と思ってもみたり。
    2009-09-04 : たべもの : コメント : 0 :
    ホーム

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索