FC2ブログ

    馬告を買いに

    190712-1.jpg

    昨年冬の台湾旅行の出来事で今更なんですが…
    2015年、台湾の美食イベントを見に行った時に見掛けたレモン風味の胡椒、馬告(マーガオ)を買うことが出来ました。
    ダンナの知り合いが紹介してくれた台湾人と台北市内で落ち合い、乾物が沢山売られている迪化街の店を片っ端から探して歩き回ったのですが、どこにも無い…
    諦めかけた時、富自山中というオシャレっぽいお店に置いてあるのを発見。
    乾燥させたもの瓶入り80gで700円しなかったと思います。
    鶏のスープや牡蠣のオイル焼きに潰して入れましたが、爽やかな香りがふわっとして、辛味はそんなにありませんでした。

    190712-2.jpg

    台湾の人は本当に親切というか情が厚いというか社交辞令は無いというか、今回は軽い気持ちで聞いた事が巡り巡って膨らんで10倍くらいになって返って来ました。
    同じ事が私に出来るだろうか…と考えさせられました。
    2019-07-12 : 台湾 : コメント : 4 :

    五龍山鳳山寺 つづき

    ひとつ前で、「五龍山鳳山寺へ行ったが何の神様なのか分からなかった」と書いていましたが、
    寺の名前で調べていると、この本↓に載っているという情報がありました。



    図書館にも無いようなので、わざわざ買って読んでみたのですが、求めている情報は無く、分かったのは「宗派:道教、廣澤尊王」という事だけ。
    そういえばお寺で他にも撮った写真があったなと思い出し、建物に書かれてある文字を調べてみました。

    180822-1.jpg

    それぞれ道教の神様の名前だったのですが、その中の「齋公活佛」というのがあの大きな像の人物だということが分かりました。
    180810-1.jpg

    かなり変わり者で飲酒肉食やりたい放題の僧だったらしいのですが、後世に人情派、庶民派の神様みたいな感じで祀られるようになったとか何とか。

    はぁ~、すっきりした。
    でも、ダンナがお参りを頼まれた台湾人に詳細を聞いてくれたら済むことだったのでは?とも思ったり。
    まぁでも道教について少しは勉強(した気)になりました。世の中には色んな神様がいるんだな~。
    2018-08-22 : 台湾 : コメント : 0 :

    よくわからない五龍山鳳山寺

    前回からえらい間が空きましたが、台湾の続きの話を。

    そろそろ夕方だし、バナナの里・旗山からバスで高雄に戻ろうかと思っていると、知り合いの日本在住の台湾人とメールをしていたダンナが「五龍山鳳山寺っていう所へ自分の代わりにお参りしに行って欲しいって言ってるから今から行くよ」、と。
    なにそれどこそれ?
    地図を見ると、まあ近いしちょっと寄ってみるかー、とバス乗り場前に待機していたタクシーのおじさんと交渉。
     


    現地で待機して貰ってまたバス乗り場まで戻って400元。1600円くらい。
    もうちょいまけてよ~、300元、いや350元でどうだ!とねだりましたがダメでした。チェッ。

    着いてみると、なんじゃこれ???
    20m超えの物凄くでかい像が…

    180810-1.jpg

    すそには同じ人達がずらーっと並んでいます。
    180810-2.jpg

    でかい像の中は急な階段になっていて壁画に物語が描かれているのですが、なんせ言葉が分からないので理解出来ず。
    酒飲みで着物がつぎはぎだという事だけはわかった。
    180810-3.jpg

    180810-5.jpg


    FBの動画を見ると、かなり面白そうな事が行われているようですが、私が行った時にはお寺の人数人以外だーれもいませんでした。
    180810-4.jpg

    とりあえず、知人の台湾人のお店が繁盛するように&健康であるようにとお祈りしました。
    結局どういうお寺かも良く分からないまま、ダンナは訪れた証拠写真を撮って台湾人に送信していました。

    物好きな方は旗山に行ったついでに行ってみてはいかがでしょうか?
    2018-08-10 : 台湾 : コメント : 0 :

    バナナの里へ行ってきた

    五月の頭に、台湾の南の方にある「旗山」というバナナの里へ行ってきました。
    左営駅から南(高鐡路側)へ出るとバスターミナルがあるので、そこから10號快捷公車に乗ると、40分弱で到着します。

    バナナそのものも売られていますが、バナナを使ったお菓子や飲み物の店が沢山あって、どこで何を買おうか迷ってしまいます。
    とにかく暑くてたまらなかったので、「枝仔冰城」に入り、バナナパフェとアイスを注文。

    香蕉聖代 89元(≒330円)
    「聖代」って「サンデー」の音を表しているのでは?と今気づきました。(多分)
    180606-1.jpg 

    こちら↓の旗山香蕉冰は50元(≒185円)
    バナナシャーベットが程よい甘さでさっぱりしていておいしかったです。
    180606-2.jpg

    実は、よく熟れたバナナやバナナを使ったお菓子やバナナ味の物が苦手で、
    正直なところ「バナナの里に行ってもなぁ…」と思っていたのですが、旗山で食べたものはどれをとっても好みの風味と甘さでした。

    嫌いなはずのバナナチップスも枝仔冰城で買ったものはとても気に入ってお土産用のものまで食べてしまった…

    って、今、バナナチップスの写真を撮ろうとして気付いたけど、タイ産やないかーーーーい!

    IMG_0508.jpg ←泰國=タイ


    しかもこのお店「枝仔冰城」、旗山まで行かなくても台北や台南にも支店があるようです。
    まぁ全てひっくるめて旅の思い出ということで…
    2018-06-28 : 台湾 : コメント : 2 :

    タイガーエアに乗ってみた

    昨年初めて格安航空(LCC)のタイガーエアに乗りました。
    HPには 

    >ご搭乗者1名につき体積が54cm x 38cm x 23cm未満の大きさのお手荷物を、合計重量が10キログラムを超えない範囲で2つまで機内にお持ち込みいただけます(手荷物と機内持ち込みスーツケースの合計2つ)。持ち物と手荷物は空港のスタッフがサイズ、数量、重量などを計測し、機内持ち込み手荷物を示す黄色のタグをつける必要があります。

    と書かれていたので、探しまくって軽くて容量のあるキャリーケースを買い、機内持ち込みにしました。
    ↓安い割にはATSロック付きだしキャスターの動きは滑らかだしコスパ良しです。



    料金をプラスして機内預けにすればもっと大きいスーツケースでも大丈夫なのですが、せっかくLCCで安く行こうとしているのでここは我慢。

    話に聞いていた通り、荷物チェックが厳しい!
    四角い枠の中にスーツケースを入れて大きさをチェックされるのですが、最長54cmはキャスター含めての長さなので結構ギリギリ。

    台湾に行ったのですが、お土産を買ってスーツケースとリュックで10㎏以内に収めるのは至難の業でした。
    重さもそうなのですが、ティーバッグやらお菓子やらの嵩張るものは、いつもと同じペースで買うと入らないので我慢。
    液体も手荷物に出来ないので、珍しい味の台湾ビールや缶入り緑豆ぜんざいや化粧品も買えず…。
    吊り下げ式デジタルスケールを買って持って行き、最後の最後まであとどのくらいお土産が買えるか?と量りまくりました。
    こんなに荷物に気を遣った旅行は初めてで疲弊しました…つくづく世の中ゼニや!

    これに懲りて、今月乗った二度目のタイガーエアは予約時に2500円プラスして、帰りだけ15㎏まで機内預けが出来るようにしました。
    となると、二人で機内持ち込み10㎏ずつと受託荷物15㎏で計35㎏までOK。
    35㎏と聞くと、そこまでお土産買わんだろうとも思えてくる不思議。
    実際、プラスした15㎏中使ったのは5㎏ぐらいだったのでは、と思うのですが、滞在中の気持ちに余裕が出来たので良しとします。
    液体のものも買えたし。

    LCCなので当然機内食も毛布も枕もありません。お金出したら貰えるけど。
    タイガーエアは、出国審査後に買ったものでも、機内で飲食するのは禁止。(水も!←これは見つからなければ大丈夫な気もする)
    出国審査後に免税店で買い物して増えた紙袋も、機内持ち込み荷物二つに収まらなければNGだと。厳しいです。

    という事で次回は久々に台湾旅行ネタなぞ書いてみようかと思っています。
    2018-05-25 : 台湾 : コメント : 0 :
    ホーム  次のページ »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索