FC2ブログ

    タイルを使って

    相変わらずひとつの事に興味が長続きしないハンドメイドですが、この度も一気にやってきて一気に去って行ったものがあるので備忘録として書いておきます。
    可愛らしいタイルが売られているのを見て、これを使ってコースターとかを作ったらいいんじゃなかろうかと思い付きました。
    タイルの目地の修理はしたことがありますが、タイルそのものを扱ったことは無いので、とりあえずいつものように安い材料を揃えて始めました。
    失敗しても惜しくないのと、きっとすぐ飽きるから最初から投資しない方が¥傷¥が浅いのです。

    色んな100均をハシゴして木のトレイを集めました。(同じ会社が作ってるけど数を置いて無いので)
    あとは目地材としてダイソーのタイル補修用セメント、ゴムべら。鏡。
    190426-2.jpg 190426-3.jpg

    このダイソーの鏡は大きくて枠から外しやすくておススメ。柔らかい枠なのではさみでカットできます。
    190426-8.jpg

    あとは鏡をカットするためのガラスカッター。
    ホームセンターでは高いものしか売られていなかったので、Amazonで800円くらいのものを注文しました。
    鏡の表面にカッターを押し当て傷を付け、裏にしてコツンと叩くと簡単に割れます。
    190426-9.jpg 190426-10.jpg

    だがしかし、きれいにカットするのは何度やっても難しく、裏に傷が付いて表にまで響いたり、傷から緩い目地材が入り込んで出来上がった後に浮いてきたりしてしまいました。
    190426-13.jpg

    まずは周りにタイルをあしらった置き鏡。
    タイルと鏡の高さを合わせる為、タイルの裏にはコルクシール(Seriaで購入)を貼って高さ調節しました。
    190426-1.jpg

    トレイに木工用ボンドでタイルと鏡を貼りつけて乾燥させ
    190426-4.jpg

    トレイと鏡にマスキングをし、水で溶いたセメントをヘラで目地に入れます。
    190426-5.jpg

    セメントはちょっと硬いかなと思う位にし、ヘラでみっちり押し込める感じにすると上手くいきました。
    ある程度乾いたら、水をつけて硬く絞ったスポンジではみ出した目地材を取りのぞきます。
    隅の方やタイルの角は綿棒やピンセットも使ってキレイにします。
    タイルの表面も、濡らした綿棒と乾いた綿棒でお掃除。
    最後にマスキングをはがせば完成です。
    190426-6.jpg

    これは作ったものの一部。一番のお気に入りは緑と白の花柄のタイルで、日本の古いものらしいです。
    190426-12.jpg

    お気に入りのタイルを使ったものに限って、実はそれぞれ鏡に難有りで残念な感じ…
    まだまだ修行が必要で、タイルも余っていますがもう気力無し。
    これからは布山を崩すべく洋裁に戻りたいと思います。
    2019-04-26 : 洋裁など : コメント : 0 :

    襟ぐり問題

    今の時季に欲しい、ちょうど良い襟開き具合の型紙がありました。
    Rick Rack 大人のデイリーTシャツのクルーネック(衿仕立て)。

    190413-1.jpg

    リブではなく、Tシャツの身頃と同じ生地で襟を作って付けました。
    ニット生地はそれぞれ伸縮率が違うのはずなのに、なぜかこの型紙通りに作るとどれもいい感じにフィットします。
    たまたま布と型紙の相性が良かっただけかもしれませんが。

    毎回縫っていて訳が分からなくなるのが、襟の継ぎ目の位置。
    左肩から背中側に2cm程ずらした位置にくるのが○ですが、身頃が裏になっていると完成した時にどっちが左???と向きを見失ってしまい、出来あがってみると右肩側に継ぎ目が来ている事もしばしば…
    今回もやってしまいました。

    190413-2.jpg

    昔から頭の中で組み立てが出来ません…
    同じ道を引き返すのも苦手だし、一方向からしか物が見られないのかもしれません。
    2019-04-13 : 洋裁など : コメント : 0 :

    開き問題と時代の変化

    服を作る前には、実際に作った人の感想を知るために「本の題名や服の名称+作りました」で検索する事が多いのですが、あまり出てこない物もあります。
    というより、昔に比べて洋裁をしている人が確実に減っていると思われ、ヒットしない率が増えてきた気がします。
    ブログ記事になると尚更。



    今回、「北欧てづくり散歩」という洋裁本のイージープルオーバーを作ってみようと思ったのですが、モデルの着画を見ても横からの写真しか無いのであまりピンと来ず、検索しても少ししか出てこない…
    ほとんど伸びない薄手のニット生地で作ってみたところ、襟ぐりの開きが思っていたより広すぎる!
    出来上がりも型紙通りなんだけども。

    190305.jpg


    動くと確実にブラの肩紐が見える感じ。
    途中でなんども試着して、後ろをつまんで襟ぐりを狭めようと試みたりしましたが、作り直す以外に道は無さそう…
    袖口と裾の処理を残して、途中で作るのをやめました。没決定。

    昔、TV番組の一企画でピーコのファッションチェックというものがありまして、「歳をとった人のボートネックは老けて見えるからダメ」という言葉が何故か忘れられなくて、しかも年々気になってくるようになりました。
    開きが広い服を失敗作だと思うのもピーコのせいということにしよう。

    初めてスマホから投稿してみたけどちゃんと書けてるんだろうか?
    洋裁やブログ人口だけで無くパソコンを開く人も激減してきている今、そりゃピーコの言葉も刺さる年齢になってるはずだわー。
    2019-03-05 : 洋裁など : コメント : 3 :

    ヨーグルトその後

    いつの間にか三月になっていました…

    ひとつ前の記事で、R-1ヨーグルトを種菌にして作ったヨーグルトを毎日食べていると書きました。
    花粉症には効果が無かったけれど、風邪やインフルエンザ予防にも良いって言うしなー、でも昔から全く風邪ひかないし…と思いながらも食べ続けていたらば。
    生まれて初めてインフルエンザに罹りました。
    何なんだ。
    以後、種菌を内臓脂肪に働くというガゼリ菌に変更して食べ続けています。
      ↓これ


    まぁ当然痩せるわけ無いわな。
    ヨーグルトでどうこうしようという考えからして努力が足りん。

    牛乳パックを開け種菌を入れてヨーグルトメーカーにセットするだけで出来るのと、そこから少し取って次回の種として使えるのが魅力=お金が掛からないと思っていたけれど、雑菌を入れないように気を付けても上手く固まらなかったりして、結局新たに種となるヨーグルトを買ったりして節約にもなってないし、そのまま製品を買って食べる方が手間も掛からないのでは?と自問自答しながら食べ続けている今日この頃です。
    2019-03-01 : たべもの : コメント : 0 :

    アレルギーとヨーグルトとがさつ力

    めちゃくちゃ久々にログインしました。生きとります。

    私は筋金入りの花粉症持ちなのですが、今年は例年と違って症状がひどくいつまでたっても治まらないので、数十年ぶりにアレルゲン特定検査を受けることにしました。
    アレルギー科で、自分が疑わしいと思っている項目を先生と一緒に選んでいったのですが、後から思うと項目数で料金が決まっていたのかも…
    今回は11種類で、再診料と薬一週間分を入れて3割負担で5500円でした。
    アレルゲンが特定されたからといって、その時何の花粉に反応して症状が出ているのかということは分からないそうで、ただの気休めにお金を払ったような気がしないでもないですが。
    自分の予想に反してハウスダストやヒノキは陰性で、陽性反応の値はスギを超えてネコがぶっちぎり!!
    いつか捨て猫を拾って飼うことを夢見ていましたが、それも出来なくなりました。ショック。
    そして近所の街路樹もアレルゲンだったという絶望的な結果が出たという…引っ越したい。

    その後。
    インフルエンザ予防で一時期注目されたヨーグルトのR-1の菌が花粉症の症状軽減に効くと聞き、安価で毎日食べられるようヨーグルトメーカーを買って量産することにしました。
    飽きる&効果が無かった時の事を考慮して、機能がシンプルで安かったアイリスオーヤマのものを購入しました。

    R-1現物と、それを種菌にして作ったヨーグルトとでは完全に同じものにはならないけれど、何にしても半年は摂取しないと効果が無いということで、食べ続けて三ヶ月目に入った途中経過はというと…
    暖冬と重なったせいもあり、私には全く効果が表れないどころか自分史上最悪の状態です。
    花粉症と一生付き合っていくのかと改めて気付いてゾッとしたけれど、自分でどうしようも出来ない事は考えないようにしようとこの本↓を読んで思ったのでした。


    思いのほか(失礼)普段の暮らし方のヒントになる事が書かれてあります。

    多分今年はこれでおしまいです。
    来年はもうちょっとまめにブログを書きたい、と毎年言っている気がします。
    みなさま良いお年をお迎え下さい。

    2018-12-13 : いろいろ : コメント : 0 :
    ホーム  次のページ »

    プロフィール

    利用子

    Author:利用子

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブログ内検索